副業・SOHO・在宅ワークのchoice.com

@簡単だけれど報酬は少ないお仕事

代表的なお仕事の種類

 

@ウェブ記事ライター

 

記事を書いて売る仕事です。

 

記事は依頼者のサイトの記事にされたり、メルマガの記事になったりして使われます。

 

記事のジャンルはさまざまで、本当に個人の日記に近いものから、専門的な内容(法律とか家電とか社会情勢とか)だったり。

 

単価は平均すると1ページ500文字くらいで500円くらいでしょうか。

 

日記や雑記だと単価は安く100円〜200円、専門的な記事だと500円〜1000円になります。

 

質の高い記事が喜ばれるようになっているので、量をたくさん書けるよりも質の高い記事を書けるようになると、依頼が増えます。

 

あとは納期が大事です。納期を守る人は意外とすくない業界なので、しっかりした人はとても重宝されます。

 

仕事の探し方ですが、知り合いずてなどで引き受けるか、「ランサーズ」などのサイトを利用して、契約する方法があります。

 

依頼者との信頼関係が築けると、専属のライターになることもできます。

 

その場合、儲かっている依頼者に当たれば、単価は1000円〜程度になることもあります。

 

アフィリエイターの立場から裏話をしてしまえば、一度軌道にのったサイトはほとんど放置しても月10万〜100万を稼いでくれるものなので、

 

買取した記事に1000円以上払っても十分元をとれるのですね。

 

それよりも安定して質の高い記事を書いてもらって、そういうサイトをたくさん作りたいということなんです。

 

質の高い記事を作らないとそもそもサイトが検索で上位に来ないので、記事の質は生命線なんです。

 

どうでしょう。結構夢がありませんか?

 

Aデータ入力

 

ウェブ記事ライターと似ていますが、こちらはもっと頭を使わなくてよい仕事です。

 

定期的になにかのデータが送られてきて、それをエクセルに入力するような仕事です。

 

たとえば、飲食店のアンケート用紙が送られてきて、それをエクセルにまとめる仕事などがあります。

 

単価は、1時間の作業で500円くらいです。同じ作業になれた人なら40分くらいでしょうか。

 

時給としては普通のバイトくらいですが、自分の好きな時間にできるのが魅力的ですね。

 

頭を使わなくてよい分、誰がやっても同じ仕事ということで、こちらのほうが単価は安くなります。

 

仕事の探し方は、知り合いずてなどで引き受けるか、「ランサーズ」などのサイトを利用して、契約する方法があります。

 

こちらも納期が大事な仕事なので、納期をしっかり守って納品し続ければ依頼者から安定して仕事がもらえるようになります。

 

ただ、ライバルも多いので単価アップは難しいかもしれません。

 

 

Bポイントサイト、ポイントメール登録

 

ポイントサイトやポイントメールに登録してポイントを稼ぐことができます。

 

一昔前にフルーツメールなどが大流行しましたね。

 

簡単に言えば、ポイントサイト経由であるお試し商品を取り寄せたり、自動車の無料査定を出したり、引越しの見積もりをとったりすると、

 

50円〜500円程度のポイントがもらえます。

 

ポイントは現金や商品に換金することができます。

 

これを貯めてお金を稼いでいきます。

 

なぜポイントがもらえるのか。その仕組みですが、種明かしをすれば、アフィリエイトです。

 

ポイントサイトの運営者がアフィリエイターとして契約していて、皆さんがアクションをすることで運営者に報酬が入るのです。

 

その一部をポイントとして還元しているのですね。

 

自分でアフィリエイトができれば自分でやったほうが儲かりますが、できない場合は利用するのもよいでしょう。

 

C懸賞応募

 

雑誌の懸賞や、ポイントサイトといわれるサイトに登録し、懸賞をゲットします。

 

プロの懸賞狙いになると、1日に30〜50件の懸賞に応募するのだそう。

 

素人だと、最初は3〜5件くらいが限界だと思います。

 

ポイントサイトで稼ぐこつは、とにかくたくさんのポイントサイトに登録して、

 

なるべく多くの案件に応募すること。

 

(ただし、同じ会社の同じ企画に重複応募すると、はじかれることがあります。)

 

慣れてくれば、現物を時価換算して、1日3,000円〜5,000円くらいは稼げるようになります。

 

 

Dキャッシュバック応募

 

銀行、株式、FXの口座、クレジットカードなどを開設すると、1万円前後のキャッシュバックがもらえることが多いです。

 

キャッシュバック狙いは、それらの案件を見つけてとにかく口座を作ります。

 

現在、キャッシュバックが可能な案件は、100件前後といわれており、

 

全部に応募することができれば100万円くらいは稼ぐことができます。

 

ただ、生涯で1回しか使えないので、継続性はありません。

 

家族や友達がいる場合は、協力してその人の分も応募できれば、

 

稼ぐこともできますね。

 

 

 

E添削指導員(赤ペン先生など)

 

進研ゼミや旧学研ゼミで募集していた仕事です。

 

仕事内容は、ゼミ生の添削をひたすら行います。

 

毎月テスト問題は変わりますが、全員問題は同じなので、

 

2,3人くらいの添削をすると、後は流れ作業のような感じです。

 

そういった作業が得意な人には向いています。

 

単価は、1件当たり50円〜100円で、プロの添削員になると、

 

毎日50件〜100件ほどを処理できるといいます。

 

 

 

F予備校答案採点

 

こちらは添削員の予備校バージョンです。

 

Eのゼミ問題添削員と違うのは、送られてきた答案の添削ではなく、年に4,5回の模試や、

 

予備校で実施するテストの添削を行うところです。

 

予備校は有名講師になると報酬が跳ね上がりますが、

 

添削員も同じで、よりベテランになるほど、高い単価になっていきます。

 

具体的には、1枚の採点あたり、100円〜300円の単価となります。

 

 

 

G質問回答者(ユーキャンなど)

 

資格や趣味の講座を展開するユーキュンの講師です。

 

仕事の種類としては、英会話スクールの講師と似ています。

 

全国の講座参加者からの質問を受けて、オンライン掲示板などに回答を行います。

 

参加者の数が多いと回答も大変ですが、講師何人かで担当することも多いので、

 

どれくらい大変かはやってみないと分からない部分も多いです。

 

単価は、一質問ごとではなく、講座開講中を通して、いくらといった方式です。

 

人気の講座で、講師が少ない場合、3ヶ月で100万円くらいの相場がつくこともあります。

 

 

H手芸の内職

 

 

伝統工芸品である染物や、素材を用いた日用品製作などを行い、製品を売って収入を得ます。

 

日用品であれば作品あたりの単価はそれほどでもなく、主婦などがやるいわゆる"内職"のイメージに近くなります。

 

これが製品が染物などの伝統工芸品となると一気に単価が上がります。

 

モノによっては一品あたり5000円〜10,000円の収入になるようです。

 

また、最近では海外の手芸品を扱う人も増えています。

 

特に一昔前にサッカー選手を中心に大流行したミサンガなどは覚えている方も多いと思います。

 

あの時はミサンガが大流行したため、ミサンガ製作をしていた人は相当な収入がありました。

 

今はミサンガの売上は下火となっていますが、似たような製品として現在流行しているものでチャンルーというブレスレットがあります。

 

こちらはキムタクや福山雅治といった有名芸能人が次々と着用していたことで若者の間で大流行しています。

 

このように、内職を行うなら、単価を重視して、伝統工芸品にするか、なるべく旬のファッションアイテムを作ることをおすすめします。

 

 

Iアンケートモニター

 

企業が開発する商品のモニター(試験)をすることで、報酬を得る方法です。

 

例えば、最近だと、化粧下地・ファンデーションのシルキーカバーオイルブロックが有名です。

 

こういった人気商品も、必ず開発から発売に至るまでにモニターが募集されます。

 

企業にとっては、モニターによる事前チェックで、客の反応を知ることができるからです。

 

それにより、費用をかけたのに回収できないとか、クレームの嵐になるといった事態は

 

少なくとも避けることができます。

 

前述のシルキーカバーでいえば、使用感がべたべたすぎるとか、においがきついとか、

 

値段が高いといった感想を予め聞ければ、発売までに修正したり、発売を延期したり

 

できます。そうすれば、全国に出荷するための費用をリスクとして負わずに済みます。

 

このように、アンケートモニターは企業にとっての生命線です。

 

 

また、アンケートモニターというアンケート専門のモニターもいます。

 

こちらは、企業が発売決定した段階で募集されることが多く、

 

商品を売る際の「満足度○○%」のようなデータをとるために行います。

 

こちらは先ほどと変わって、いかに買いたくなるような、肯定的な感想をとれるか?

 

というところが企業になって大事になってきます。

 

Jテープ起こし代行

 

 

 

 

 

@簡単だけれど報酬は少ないお仕事記事一覧

モニターのお仕事

モニターというお仕事はご存知だと思います。何か新製品ができたときにお試しして感想をいう仕事ですね。モニターの仕事といったときに真っ先に思い浮かべるのは、化粧品会社などの大企業のモニターですね。もしくは健康食品など。最近は、ネット記事用のモニターというのも多くなってきています。アフィリエイターといわれ...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ