副業・SOHO・在宅ワークのchoice.com

在宅ワークのメリット

在宅ワークのメリットはなんといっても時間の自由です。

 

 

 

忙しいのでナース服も通販

 

 

先日、後輩で看護士をやっている女性と話す機会がありました。

 

 

彼女は一度出産で退職したため、子供が小学生に上がってから再就職しました。

 

 

夜勤もあり、シフト制のため、勤務時間が不規則で大変だそうです。

 

 

子供を迎えにいったりしなければいけない日も、何日も前から伝えておかないと休みもれないそうです。

 

 

(ナース服買いにいく時間もないそうですので、通販でナース服を買っているそうです。)

 

 

 

私はこの人の話を聞いて、改めて在宅ワークのよさを再確認しました。

 

 

在宅ワークに慣れて時間の自由がきくのが当たり前になっており、こういうありがたみを忘れていたのです。

 

 

人生で一番大事なのは、時間です。

 

 

(時間だけあって他が何も無いのはそれはそれで困りますが。)

 

 

 

時間だけは買えないからですね。

 

 

他が充実していればいるほど、時間が大事になっていきます。

 

 

 

この時間が自由になるというのは最大の武器ですね。

 

 

 

 

彼女は看護士をやる前にはお水のお仕事をしていました。

 

 

お水のお仕事といっても、いわゆるキャバクラですが、

 

 

年齢が年齢だということで、転職を考えていたそうです。

 

 

元々、頭は悪いほうではなかったので、看護士資格をとることにしたそうです。

 

 

看護師は不足していて、資格さえ取れば割と簡単に就職は見つかるため、お水上がりの人にも人気だそうです。

 

 

キャバクラ在職中は、キャバ ドレスの人気店でドレスを買っていたそうです。

 

 

地方に住んでいたので、ドレスのお店に行くのは難しく、ネット通販ができるショップを見つけたそうです。

 

 

送料無料のところや、買った後で返品可能なお店も多く安心して買えたといっていました。

 

 

ドレスのデザインや品揃えも豊富で、ロングドレス、ショートドレス、キャバスーツ、インナーやソールや胸パッドなんかも売っています。

 

 

通販は便利になりましたね。

 

 

在宅ワークのもうひとつのメリットとしては、わずらわしい人間関係のトラブルがないことです。

 

 

これは実は、想像以上に大きいメリットです。

 

 

会社というのは、近代化された資本主義の格好をしていても、昔から綿々と続くのいわば人間の「群れ」そのものなので、

 

 

理屈や道理なんていうものは、人様から追求されないところでは簡単に無視されます。

 

 

そのため、お咎めを受けない範囲で、社内いじめやパワハラ、組織の私物化、権謀術数、その他権力の横暴が横行します。

 

 

ですから、そういったものを避けたい人にとっては、在宅ワークというのはとても魅力的な仕事になります。

 

 

インターネットがない時代では、在宅ワークの需要はとても少なかったですが、今では探せばいくらでもありますからね。


ホーム サイトマップ