副業・SOHO・在宅ワークのchoice.com

A難しいけれど報酬は多いお仕事

主なお仕事一覧

 

G翻訳代行
【編集中】

 

H株・FX・債権等
【編集中】

 

Iマルチレベルマーケティング
【編集中】

 

Jチャットレディー・チャットボーイ

 

【収入:自給4000円程度(アダルト有なら6000円程度)、難易度:中】

 

パソコンとウェブカメラを使い、お客さんのインターネット上の会話をする仕事です。

 

チャットレディーの女性が男性のお客さんのお相手をするのが一般的です。

 

 

(チャットボーイは男性が女性の相手をするのですが、チャットレディーほどお客の数も多くなく、イケメン男性かしゃべりがうまいなどある程度イイ男でないと務まらないと思いますが一応紹介しました。笑)

 

 

 

会話が上手だったり、画面上の演出が上手であれば人気のチャットレディーとなり、常連さんが付いたりします。

 

この人のようにすごい人になると、月200万稼いだとか・・。

 

まあ、控えめに1日1時間程度やっても月に10万円はいきますので、イベントなどを使ってそれくらいは稼いだ人がいてもおかしくはないでしょう。

 

 

 

チャットレディーには大きく分けてアダルト系とノンアダルト系があります。

 

 

アダルトのほうは、服を脱いだりお客のエッチな要求にこたえたりする必要があるぶんお自給が高いです。

 

ハケンの品格に出てきたスーパーハケンの大前さん(お自給3000円)の倍の6000円くらいいっちゃいます。笑

 

一方、ノンアダルトのほうは、普通に会話をするだけなので、自給4000円くらいになりますが、それでも破格に高いですね。

 

 

 

自給がこんなに高いと怪しい業者なんじゃないかと疑いたくなりますが、これにはちゃんと理由があります。

 

ライブチャットはパソコンとカメラを使ってお客同士がやりとりするだけなので、業者さんの人件費とか経費がほとんどかからないのですね。

 

それでいて、キャバクラよりも高い料金なのです。ですから、チャットレディーの自給が高いのはある意味当然というわけです。

 

 

 

 

まずはアダルトなし(脱いだりしない)のライブチャットをやってみるのが良いと思います。  (度胸がある人はアダルトに挑戦してもいいと思いますが 笑)

 

ノンアダルトのチャットレディーについて実体験をいれながらわかりやすく解説しているサイトがありましたので参考にしてみてください。

 

チャットレディ マシェリ

 

チャットレディーの世界がリアルにイメージできると思いますよ!

 

 

 

 

K有料メールマガジン発行
【編集中】

 

 

Lギャンブル(公営含む)

 

ギャンブル(競馬、競輪などの公営含む)で稼ぐ方法です。

 

通常、ギャンブルは長い目で見れば平均して胴元が勝つようになっているため、

 

お客の収支は赤字になるようになっています。

 

ただし、お客全員が必ず赤字になるわけではなく、勝つ人と負ける人が出てきて、平均すると負けているということなので

 

中には勝っている人がいるというわけです。

 

勝っている人にも2種類いまして、

 

一つは運だけでたまたま勝っている人、もう一つは勝つための技術を使って勝っている人です。

 

前者は運だけで勝っていますので、最終的に99%負けに転落しますが、

 

後者は技術を使っているので、長期的に負ける事はあまりありません。

 

ギャンブルを副業にしようとした場合、後者の「勝つための技術」が使える種目で稼ぐことになります。

 

では、「勝つための技術が使える種目」とはどんな種目でしょうか。

 

それは、プレイヤーの選択の余地が大きい種目です。

 

例えば、宝くじについてかんがえてみます。

 

宝くじを買うとき、プレイヤーが選択できるのは、「どこで買うか」と「いつ買うか」と「何枚買うか」と「連番で買うか、バラで買うか」の4つしかありません。

 

そして、そのいずれもが当たり外れには関係ないと思われるものです。

 

つまり、宝くじはプレイヤーの選択の余地がきわめて少ない=運任せなギャンブルです。

 

ギャンブルを副業にするつもりなのであれば、こういった種目は避けるべきです。

 

また、胴元の取り分が大きい種目も避けるべきです。

 

また宝くじの例を出しますが、宝くじの胴元の取り分は50%です。つまり、平均して半分しか戻ってこない訳です。

 

では、プレイヤーの選択の余地が大きい優良な種目にはどのようなものがあるのか紹介します。

 

◆パチンコ・パチスロ

 

意外に思われるかもしれませんが、パチンコとパチスロは優良種目です。

 

きわめて適当に打った場合でも胴元の取り分は投資額の90%程度で、きっちり打てば96%くらいまで上がります。

 

しかも、台の知識を付ける事で、当たりやすい(設定や釘の良い)台を選ぶこともできるので、そういう台だけで勝負すれば、105%を超える回収率で勝負することもわりと簡単にできます。実際に、管理人は高校生のとき(笑)から大学生前半くらいにかけて、毎月10万程度は稼いでいましたので。思った以上に勝ち組と負け組が分かれる種目ですね。

 

 

◆麻雀

 

麻雀は胴元がいないのが大きな特徴です。「場代」という名目で料金は徴収されますが、ゲームの結果には胴元は関与してきません。

 

そういう意味で、勝つか負けるかは完全にプレイヤー同士の腕の差にかかっています。

 

数あるギャンブルの中でも麻雀ほど腕の差が出る種目もありません。(将棋や囲碁などの腕の差がですぎるものはそもそもギャンブルの種目になりませんので、そういう意味で麻雀はギリギリのギャンブルと言えます。)

 

ですので、麻雀の腕があるものは、場代のかからない仲間内のセット麻雀や場代がものすごく安いオンラインの賭け麻雀(例:DORA麻雀)を使ってかなり稼ぐ事ができます。

 

最近では、オメガパンサーやさらに上位の卓もできたため、1局で30,000円近い金額が動くこともあります。

 

街の雀荘は、パチンコと同じように法律的にはグレーゾーンの中で運営が黙認されていますが、

 

ネット雀荘はまだ規制されている事例はないので、今後も人は増えていくでしょう。

 

麻雀 初心者はこちらのサイト(勝って稼ぐための麻雀上達方法)を参考にしてみると良いでしょう。麻雀で稼ぐための方法や、上級者の実態が書かれています。

 

これを読むと上級者の考え方、通ってきた道、何を重視しているのか?といったことが見えてきます。

 

麻雀でトータル収支プラスにすることも十分に可能だということもわかります。

 

ただし、勝つための難易度はギャンブルの中でも1、2を争うほど難しいことも覚えておいてください。

印鑑の準備は大丈夫ですか?

 

 

 

 

お仕事をするに当たっては、準備が必要になります。

 

 

パソコンや、インターネット回線はもちろんのこと(これはすでに準備済かと思いますが)

 

 

意外と見落としがちなのが、印鑑です。

 

 

銀行口座の登録や、役所の手続きには印鑑が必要です。

 

 

会社を作る場合には会社印や代表取締役印が必要になるでしょう。

 

 

正職員のような仕事ではもちろん必要ですし、日雇いや単発の請負仕事でも印鑑は必要になります。

 

 

百円ショップで買ったはんこでもできないことはないですが、やはり貧乏くさいですし、私が依頼者なら、「この人本当に大丈夫かな?」と思ってしまいます。

 

あまりない苗字の人だと売ってないことも多いですし。

 

 

デザインや材質も自由に選べるのでとても便利です。

 

 

ぎりぎりになって、「あれ、はんこがないや。」と気付いた人も多いとか。

 

 

そんなときは、印鑑 作成サイトが便利です。

 

 

印面が自由に作れるうえに、注文日に即日で送ってくれるため、助かります。

 

 

通常、オーダー判子は近くのお店で作っても1日、遅い文房具屋だと1週間はかかります。

 

 

印面を見て、満足のいく出来にしようと思ったら、2週間はかかると覚悟しなければいけません。

 

 

その点、印鑑本舗のように、陰影即時確認システムを使えば、その日のうちに、思いどおりの印面を作ることができます。

 

 

システムで動かせない部分や、細かいオーダーは、担当者に伝えれば、2日程度で印面を作ってくれます。

 

 

これは大変画期的なシステムだと思います。

 

 

実際の細かい手順は上記サイトを参考にどうぞ。

A難しいけれど報酬は多いお仕事記事一覧

A難しいけれど報酬は多いお仕事(その2)

@アフィリエイト(インターネット広告業)アフィリエイトとは、インターネット上で行われる広告業です。あなたの持っているウェブサイトやブログなどに、広告を張ります。その広告がクリックされたり、広告からモノを買ったりした人がいると、広告料としてあなたに報酬が発生します。たったそれだけ? そうです。やること...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ